郡上紬の着物の買取額が53万でした(^^♪

2か月以上ぶりの更新です(笑)

なかなかブログを続けるのって難しいですよね(^-^;

今日は亡くなった祖母が生前大好きだった着物を売却したことについて書いていきたいと思います。

私も母も着物については全く価値がわからず、形見としてとっておいてもせっかくの着物が悪くなってしまうこともあり売ることに決めました。

ただはっきりいってどこに売っていいやらわからない・・・

小牧市村中新町にあるハードオフ小牧店、小牧市郷中にある買取王国 小牧店、小牧市常普請にある2nd STREET小牧常普請店などリサイクルショップを回ったのですが買い取りをしてくれるどころか、処分代がかかりますと言われました・・・

着物なら着物屋さんに持って行けばいいやってことで小牧市北外山にあるきものくらち、小牧駅近くにある大菱屋に持っていったのですが、こちらは新品の着物の販売だけで中古の販売はしていないとのこと・・・

遠まわしに買取お断りと言われたってことです(-_-;)

ただ祖母の大切に集めてきた着物をゴミとして処分するわけにもいかず、どうすれば着物が売れるのか、どこに持って行けばいいのか調べまくりました!

ネットで着物を高く売りたい人向けにどうやれば高く売れるかについて書かれた記事を発見!

着物専門の鑑定士さんがいるお店に出張査定にきてもらうことになりました!

そこでわかったのが祖母が大切にしてきたのは郡上紬と呼ばれる岐阜県の郡上八幡地方で作られる紬織が多くあったことです。

宗廣力三っていう人が広めた着物とのことでした!

最終的に買取り査定額が52万といわれ、もう少し頑張ってとお願いしたら53万までがんばってくれました(笑)

着物は専門性が高いのでを売るときは必ず専門の鑑定士さんに見てもらうのがいいんだなというのがすごくよくわかりました(^^)/

カテゴリー: 未分類 パーマリンク